浸透率は約70倍にも上る

浸透率は約70倍にも上る

皆さんも乾燥を防ぐために、毎日洗顔をした後には、化粧水や乳液などを使用して潤いを与えていることでしょう。最近の美容整形クリニックの中でよく耳にするようになった「イオン導入」というのは、お肌のくすみやシミに対して非常に効果的な施術となります。

またイオン導入には傷みや刺激などは全く皆無ので「電流を流すのはちくりちくりから嫌」といった不安を抱えてしまう必要もありません。ビタミンCにはメラニンの生成を抑制する働きがあることから、堅固とお肌の奥にまで浸透することによってソバカスやしみなどのお肌トラブルを効果的に防止することが出来ます。

そこで皮膚にごく微弱な電流を流してあげることによって、浸透率を向上させていく施術法のことをイオン導入と呼んでいます。しかし、バリア機能を持つ角質層が皮膚の表面に存在していることから、ただたったお肌に浸けるだけでは浸透率はそこまで良くありません。

そして「超音波導入」というのは、上記のイオン導入と同様で、皮膚に対して美容液を浸透させやすくするための施術方法となります。これら2つをクリニックで共に行っている贅沢とも言える施術法のことを「超音波イオン導入」といいます。

このイオン導入においては、美白成分として知られるビタミンCや水溶性などの薬物などをイオン化させ、そして皮膚の奥深くにまできちんと浸透させることが出来るようになります。通常の場合と比較をして、浸透率は約70倍にも上ると言われています。